写真提供:水谷章人 (c)mizutani akito.
TOP
A.取引上のトラブル
B.事故や不祥事に関するトラブル
C.会社内部の組織に関わるトラブル
 経験と実績  

当事務所の業務は、8割方企業関連業務で占められております。
企業関連業務では、事件・訴訟への発展を回避することがしばしば大きなテーマになります。
私たちは、「万が一訴訟になった時でも裁判所に通用する正しい対応」こそが、ご相談案件の事件化・訴訟化を未然に防ぐ最良の途であると考えております。
従ってまた私たちは、「トラブルに発展したらどうなるか、訴訟になったらどうなるか」について明確かつ正確な見通しを持っていることが何よりも弁護士に求められる資質であると、常々肝に銘じております。
事件化・訴訟化の正確な見通しは、弁護士の実際の訴訟・交渉経験によってのみ培われるものです。そしてその経験が弁護士と法律事務所の個性を形成していきます。
このような考えから、本ホームページでは、当事務所の業務の傾向(個性)をイメージしていただくために、当事務所の弁護士が実際に取り扱ってきた事例をフィクション化してご案内させていただくことといたしました。
尚、ご案内する事例は全体の一部に過ぎず、また守秘義務に抵触しない形にしてあります。実際にご案内通りの事件を扱った訳ではないことをお断りさせていただきます。